【死んだ旦那が守護霊になった! 鑑定士ラ・ブレースの体験 第1話】

【死んだ旦那が守護霊になった】

旦那が死んだ日に彼の魂が知らせにアメリカまで来ました!

私は生まれながらにして霊媒師として見えない物が視えるという家系で育ちました!
それゆえにこんな事は当たり前の様に日常茶飯事で起こります、、、

旦那は生前に、俺が死んだら霊体がそばに居ることが私が分かってくれるから安心だと言っていました。
彼が死ぬ時期があと2年以内だと伝え病院に行くようにと懇願したが(病気はしていませんでしたが命が短いことを私は知っていました)全く受け入れずに過ごし、1年半後に突然死にました。

アメリカに居た私は、あれ?死んでるかも。。と不安になったのです、、、電話しても鳴りっぱなしで出ません、、、
カーラジオから流れてくる曲では「死んだ」というメッセージの歌詞ばかりで嫌な感じしかしません、、、
次の日、目が覚めてベットの上の天井で視えない物からのメッセージ我々が全力で守る”という言葉を繰り返し言われました。
こんな言葉が降りてくるのは今までに無いのでやっぱり死んだかも。。
不安のままハロウィンウィークだったので町のフェスティバルに気晴らしに行くと、霊柩車のパレード70台クラクションを鳴らし”死人が車に居る”と書き、地元の人はこんな祭りは異様な光景だと。これでああ、旦那は死んだというサインだと感じました。

会場に入り、死者のダンスを見てたら、頭の上の方で旦那の魂が来て俺死んじゃったよ。。って3回言われました。これで確実に死んだと分かりました。
翌日、日本の会社の社員から電話で”急にお亡くなりになりました。。”と伝えられ、わかってますよ、先に彼の魂が伝えに来ましたと答えました。

人は亡くなったときに必死で身内に知らせようとするのです、日本で一人で急死したのをアメリカにいる私に沢山のサインで知らせてきました。

↓お電話でのご予約は↓
タップすると電話かけれます。
①希望日時 ②指名鑑定士 をお伝えください
ラインでもご予約承ります!
 
ネットでのご予約はこちらより
soulmateの予約ページへ
ネットでの予約枠は10分刻みにになります。 ご希望のお時間でご予約いただき、店舗でのお支払いになります。 (当日時間の変更も可能です)