【旦那の葬儀と49日の意味! 鑑定師ラ・ブレースの体験 第2話】

【旦那の葬儀と49日の意味】

アメリカから日本に葬儀の為に戻り、身内とし参列していた時、旦那の霊体が社葬の様子を歩き回って観察していました。

それは…死んだばかりの時は、生前の姿が透明ですが存在はしてるからです!

旦那は、死んでからもずっと傍にいて会社の事も俺が何とかするから!と言ってましたが心配でたまりませんでした、、、
旦那は、毎日夢に出てきて生き返ったぞー!と言います。私の父も同じで毎日夢に出てきてあの葬儀は嘘だ、私は生きているからみんなに知らせてくれ!と、、、死んだのよ!といっても2年間信じずに話しかけてきました。
父親があの世に行けたハプニングは別で書きます。

死んだ人は納得しないと天界に行けないのです

私は旦那が夢で生き返ったぞー!と言うので夢で嬉しくて、信じられないけど良かったと思いました。そして楽しく過ごしたが朝になり夢だったと気づく。その夢が毎日繰り返しで、旦那はまだ生きたかったんだ、、、その夢が40日過ぎまで続き夢に出て来なくなりました、、、そして、49日に法要の時、旦那の存在が消えました。
自分の法要なのに何故居ないの?と上を見たらドームのようなガラス張りの所に張り付き上から指導霊と法要を眺めていて、そこに監禁されてました。

49日はこの世とお別れの意味で、死んだことを納得した霊体は次のステージに進むらしいです。

↓お電話でのご予約は↓
タップすると電話かけれます。
①希望日時 ②指名鑑定士 をお伝えください
ラインでもご予約承ります!
 
ネットでのご予約はこちらより
soulmateの予約ページへ
ネットでの予約枠は10分刻みにになります。 ご希望のお時間でご予約いただき、店舗でのお支払いになります。 (当日時間の変更も可能です)